会社倒産までの苦闘と地獄ロード~そして再起へ

倒産までの経緯~その後に大変な地獄が待っていました。当時乗り越えた知恵とノウハウを苦しんでいる方に。

設備効果と忍び寄る異変

機械を導入し工場を拡大することで、今までの処理能力とは雲泥の差でありました。


極端な話、1人で1時間かかっていた作業が機械なら3分で行ってしまいました。
これにより人手が余る状況に・・・。


色々な方策はあるのでしょうが、人手を遊ばせない為に更なる新規取引先の開拓に
走ります。これが完全な方向違いであった事は後々気が付きます。


何が何でも顧客獲得に走りますので、
①お支払いを含めた顧客の質がそれなりに落ちてきます。
②技術力勝負であった創業理念が売上至上へとズレてきます。


特に一番大切な従業員のモチベーションが、社長である私自身の売上主義によって
下がっている感覚が伝わってきていました。


鶏と卵の理論ではありませんが、創業社長ゆえに一日も早く売上規模を安定させてから、
人材育成や会社作りに取り掛かろうと考えていたのです。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。