会社倒産までの苦闘と地獄ロード~そして再起へ

倒産までの経緯~その後に大変な地獄が待っていました。当時乗り越えた知恵とノウハウを苦しんでいる方に。

返済のための売上

売上が伴わず経費倒れの為、苦渋の思いでリストラを行いました。
事業のスリム化を行うとともに、圧縮できる経費は極力減らしました。


例えば、
10の売上の時に20の売上を目指して箱物なり機械を用意しました。
この時点で経費割合を7とした場合、残り3は設備資金の返済原資として
充てることができました。


しかし、後に取引先の3割が無くなることは想定していないため、
実質売上は目減りして7になっています。


リストラと経費圧縮を行っても売上目減り分には届かず、その後の運営は
返済のための売上状態が続きました。


そして、皮肉にも取引を辞退した最大手による業界再編によって、
小社と取引のあった中小取引先の業界撤退や吸収合併が雪崩のように起きて
更なる追い打ちをかけてきました。


最大手から手を引いて約2年後のことでした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。